図書館・資料館―蔵書・資料消失問題

レンタル大手「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が県や市の図書館を管理運営する事業に乗り出してから、ネットでは大事な蔵書は勝手に廃棄されているという問題が指摘されている。
TSUTAYA図書館以外でも、蔵書が廃棄されている図書館や、資料が廃棄されている資料館。
また、放火などによって焼失・遺失してしまった図書館・資料館についての情報をまとめていこうと思います。


TSUTAYA図書館 廃棄問題




大学図書館で大量廃棄の可能性?



図書館 火事

東京・八王子市の高尾山で、キャンプ場の図書館など4棟が焼ける火事がありました。  警視庁などによりますと、22日午後5時半ごろ、高尾山近くのキャンプ場で、木造の図書館から火が出ているのが見つかりました。火は隣接する建物にも燃え広がり、合わせて4棟、約230平方メートルを焼きました。火は約2時間後に消し止められ、けが人はいませんでした。警視庁などが詳しい出火原因を調べています。

高尾山・森の図書館、火事に

高尾山の麓にある日影沢ウッディハウス・森の図書館が
4月22日(日)・17:30頃、火事になり、ほぼ全焼してしまいました。
貴重な山や森の本など、数多く所蔵してあったのに残念です。
原因は何でしょうか?­ ­ ­ ­ 漏電??­ ­ ­ ­ 放火!?



資料館 廃棄



資料館 火事

大阪府警吹田署と同館によると、火災は同館2階のアイヌ民族に関する展示室で発生。委託業者が伝統的な住居を再現したかやぶき屋根の撮影をしていたところ、照明の熱で屋根から出火したとみられる。

このニュース、上の資料を大量廃棄した万博記念公園内の国立民族学博物館で同じ場所!?



  • 最終更新:2016-03-18 10:55:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード