梅田事件-中国・朝鮮人による不法占拠

関連動画
【青山繁晴】■不動産屋が日本の駅前好立地は日本人以外が所有している事実を暴露!

大阪駅前ビル 忘れ去られた「梅田村事件」

大阪梅田の第3ビル建設地も三国人(第二次大戦後、米国占領下の日本に在留していた朝鮮人・中国人)が不法占拠してた。
大阪市は税金で立退き料を支払った。
これらのビルが建てられる前、この場所にあったもの、
それは戦後間近の闇市の時代から残る三国人による不法占拠のバラックだった。

このような闇歴史を残す一帯の真ん中にあって、一例だけ例外がある。
無法状態の三国人の不法占拠を力で押し退けた人物がいた。

だが、大阪マルビルの時は違った。
オーナーが重機を持ち出して、三国人のバラックを強制排除した。
三国人側から提訴され敗訴したけど、控訴審で逆転無罪。
不動産侵奪罪が制定された。

参考にしたサイト




  • 最終更新:2014-10-29 20:47:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード